松流山 正伝寺

正伝寺は、お寺の境内で
本堂に隣接した庫裏(くり)を
宿泊場所として改装し、
一般のゲストに宿坊として
2019年7月に開業しました。

より多くの人にお寺に開放し、
立ち寄ってもらいたい、
というお寺の願いを宿坊という形でスタートします。

松流山 正伝寺

正伝寺は、お寺の境内で
本堂に隣接した庫裏(くり)を
宿泊場所として改装し、
一般のゲストに宿坊として
2019年7月に開業しました。

より多くの人にお寺に開放し、
立ち寄ってもらいたい、
というお寺の願いを宿坊という形でスタートします。

松流山 正伝寺

正伝寺は、お寺の境内で
本堂に隣接した庫裏(くり)を
宿泊場所として改装し、
一般のゲストに宿坊として
2019年7月に開業しました。

より多くの人にお寺に開放し、
立ち寄ってもらいたい、
というお寺の願いを宿坊という形でスタートします。

お寺で暮らす
ように泊まる

宿坊

松流山 正伝寺はお寺の境内で本堂に隣接した庫裏(くり)を
宿泊場所として改装し、一般のゲストに宿坊として2019年7月に開業しました。

Temple Hotel 正伝寺

より多くの人にお寺に開放し、立ち寄ってもらいたい、というお寺の願いを宿坊という形でスタートします。

宿泊に加え、お寺での体験やイベント、研修などお寺をより身近に感じてもらえる機会も提供しています。

宿坊は一軒家で二階建てになっています。
一階と二階と個々別の部屋で、二部屋同時に借りることもできます。

宿坊について

松流山 正伝寺
について

正伝寺

正伝寺は1602年、第百七代天皇が晩年を過ごした庵です。

その後起源、この庵は日本の仏教の13宗派の中の大宗派である日蓮宗の江戸出張所となり、
今も使われる名称の「松流山正伝寺」として正式に寺院になりました。

正伝寺の守護神は、毘沙門天王です。
そもそも毘沙門天王は、仏教を守護する神様の中で
最強と言われる「四天王」の神様の一人です。

毘沙門天王は、もともとはインドの神様でありながら、
日本独自の信仰である「七福神」の一つになるほど庶民に人気の神様でした。

人々からは、とても多くのご利益がある神様として祀られました。

正伝寺について

ブログ

2019.07.16

お知らせ

お知らせ一覧