お寺の原点を見つめる
(「お寺ステイ」ミッション)

仏教が日本に伝来したころ、
お寺には海外から教典を持ち帰ってきた僧侶や
最先端の知識、技術、文化があつまる
国際的で開かれた場所でした。

その後も仏教が日本に浸透していくなかで、
境内で開かれる市やお祭りなどを通じて、
お寺は地域の人々で賑わう生活文化の中心であり、
寺子屋で読み書きそろばんを教わった子供たちは
日本の発展と近代化を支えました。

そして現代、
お寺と人々との関わりが薄れるなかで、
ひっそりと姿を消していく地域のお寺も少なくありません。
お寺とは、ただお葬式と墓参りするためだけの場所なのでしょうか?
私たちはそうは思いません。

お寺が歴史的に担っていた機能と役割を見つめなおすこと。
海を越えてやってくる新しいアイデアや、
あらゆる肌の色を持つ人々を受け入れ、
身分を問わずあらゆる人々の心に寄り添いながら、 日々の生活、生と死を見つめつづけてきたお寺。
地域と世界に開かれたお寺本来の姿を取り戻すこと。

それが私たち「お寺ステイ」のミッションです